Document Basket

Saved pages

Saved documents

Please note: This information is saved in a cookie. In case your browser deletes cookies after a session, the information will be lost.

DKSHジャパン株式会社の歴史は150年前の1865年(慶応元年)、シイベル・ブレンワルド商会が横浜市で生糸の貿易を行ったのが始まりです。その住所から、人々に「横浜甲90番館」(写真左)と呼ばれた商館は、日本の生糸取引の中心で「生糸王国日本」を築きあげる上で大きな役割を果たしました。

その一方で横浜および銀座に、日本で初めて導入されたガス燈にガスを供給するプラント設置の協力をした他、明治中期には時計・機械などの輸入を開始するなど、商社として多くの足跡を残しました。倉庫火災、数々の戦争、1923年(大正12年)の関東大震災によって、横浜本社は壊滅的な打撃を受けながらも、日本から一度も離れることなく事業を継続、1965年(昭和40年)には創業100周年を機に、日本法人として日本シイベルヘグナー株式会社を設立しました。2009年(平成21年)に現社名に商号を変更、現在に至ります。

代表取締役メッセージ

DKSHジャパン株式会社は、世界36カ国に770拠点を有するスイスのグローバル企業「DKSHグループ」の一員であり、その中核としての役割を担っています。1865年(慶応元年)、開国間もない横浜の地で創業した「シイベル・ブレンワルド商会」を源流とし、以来150年もの間、日本文化とその産業に貢献してまいりました。日本に根ざしたスイス系企業として、幾多の困難を乗り越えてきたその背景にはスイスと日本ひいてはヨーロッパとアジアという二つの文化が融合するユニークなビジネススタイルがあります。

日本の市場は非常に洗練されており、かつ複雑で、欧米企業にとっては参入が極めて難しい市場でもあります。日本市場での成功の秘訣や、日本のビジネスパートナーのニーズを熟知したDKSHの専門スタッフが消費財、化学・医薬・食品・化粧品等の原材料、テクノロジー、それぞれの分野であらゆるお客様の事業活動を支援しております。

日本企業の皆様には、欧米諸国ならびにDKSHグループが特に得意とするアジア諸国への進出を、強固なネットワークとブランド力を活かして強力にサポートいたします。また、日本企業の皆様にもヨーロッパ企業の皆様にも、調達から、マーケティング、ブランド構築、販売、流通、アフターサービスにいたる、バリューチェーン全体を通じたきめ細やかなサービスを提供いたします。

DKSHグループがもっとも大切にしていることは、短期的な利益の追求ではなく長期的視野に基づいた着実な関係を築くこと、そして、最適な製品を最適な価格で、最適なお客様へお届けすることです。

DKSHジャパンは、真のグローバルビジネスパートナーとして皆様からの深い信頼にお応えできるよう事業の強化に取り組み続けていきます。私自身、日本生まれ日本育ちであり、アジア文化に慣れ親しんでいます。そういった背景も活かしながら、DKSHジャパンが日本とアジア、そしてヨーロッパとの架け橋となるべく、一層努力してまいります。

DKSHジャパンは、これからも皆様と共に発展できますよう、成長への挑戦に邁進してまいります。引き続きのご支援とご鞭撻を賜りますようお願いを申し上げます。

 

DKSHジャパン株式会社
代表取締役
ヨルグ・ヴォレ

%>

DKSH Japan Board of Directors

ヨルグ・ヴォレ 代表取締役会長
石原 滋 取締役/執行役員
星野 政弘 監査役