製品ページ、ドキュメントの保存

保存されたページ

保存されたドキュメント

この情報はクッキーに保存されます。ブラウザからクッキーが削除された場合、情報は失われます。

「NuteK Salt」取扱い開始2016年12月1日

ワカメと豆腐の味噌汁(約180mL)

食品・飲料ビジネスラインは、このたびNuTek Food Science社(アメリカ・ネブラスカ州)が開発したカリウム塩製品「NuteK Salt」の取り扱いを日本及び韓国で開始致しました。

従来の食塩よりナトリウム摂取量を約50%減らすだけでなくカリウムの補給を可能にした「NuteK Salt」は、食品産業や外食産業に大きな需要が期待されます。

食塩(ナトリウム)の取り過ぎは高血圧の原因となり、動脈硬化から脳血管や心臓の疾患へのつながる可能性が指摘されています。2014年の国民健康・栄養調査で日本人の一日当たりの食塩摂取量は10.0gと、世界保健機関(WHO)による摂取量指針である5g未満とは程遠い結果で、日本人の食生活における減塩が進んでいないことが明らかになりました。また別の調査では、ナトリウムの排出を促すカリウムを多く含む野菜や果物の摂取も増えていないことが分かりました。

 

カナダの深海古代海床から採取、10件以上の特許技術を用いて製造された「NuteK Salt」は、同社が開発した独自製法によりカリウム独特の苦みを抑えられ、食品本来の味と機能性を損なわないため、より美味しくかつヘルシーな食品の提供を可能にしました。