製品ページ、ドキュメントの保存

保存されたページ

保存されたドキュメント

この情報はクッキーに保存されます。ブラウザからクッキーが削除された場合、情報は失われます。

お問い合わせ

お問い合わせはこちらから。

×
Thank you for your message

[SwitchSENSE測定原理による、高感度の分子間相互作用解析/タンパク質の物性評価]

DRX /DRX^2は、電気的にスイッチングするDNAナノレバーを使用した“Switch SENSE”という新しい原理を採用した高感度の分子間相互作用/タンパク質物性解析装置です。既存のバイオセンサーの約100倍の感度を持ち、分子間相互作用解析のみならず高精度の粒子径測定やタンパク質構造変化の検出、タンパク質の熱安定性評価・化学安定性評価といった拡張されたアプリケーションと解析性能を持っています。またチップは何度も再利用が可能。チップ上のDNAナノレバーの数をコントロールすることにより、例えば抗原-抗体の1:1結合(affinity)と多価結合(Avidity)を区別して評価することが可能です。

さらに核酸を用いたセンサーであることにより、ポリメラーゼやエンドヌクレアーゼといった核酸関連酵素の酵素カイネティクス解析を簡単に実施できます。シングルレーザーモデルのDRXとデュアルレーザーモデルDRX^2をラインアップ。創薬研究から生体分子の生物物理学的基礎研究まで幅広い研究に活用できます。

 

特長

  • 従来のバイオセンサーの約100倍の高感度センサー: 検出限界 10 fM
  • タンパク質の粒子径を高精度(±0.2 nm)で決定、構造変化も検出可能
  • 核酸のハイブリダイズによりチップ上に分子を固定、チップは再利用可能
  • チップ上への分子の固定化量を簡単に変更して、抗体のアビディティ評価が可能
  • 昇温測定による熱安定性評価(Tmの決定)や化学変性評価も可能
  • 専用ソフトウェアで簡単に実験デザイン可能

アプリケーション例

  • 高親和性の分子間相互作用(抗体、アプタマー等)の評価(結合定数、結合/解離速度定数の決定)
  • タンパク質の粒子径測定との構造変化の検出
  • 化合物結合に伴うタンパク質の構造変化スクリーニング
  • ポリメラーゼなどの核酸関連酵素の酵素速度論的解析
  • その他、バイオ医薬の創薬研究から幅広い生体高分子の生物物理学的解析に活用可能

3つの測定モード 1台で様々な生体高分子の物性評価が可能なプラットフォーム

 

Molecular Dynamicsによる相互作用解析の原理

微小電極上にDNAを固定化し、電極に対して正と負の電位を交互にかけることで、DNAが電極に引き寄せられたり離されたりする現象が生じます。この変化をDNAナノレバーの先端の蛍光標識によりモニターします。


外部電場に同期するDNAナノレバーの立ち上がりと倒れこみの速度は、DNAに結合している分子のサイズにより変化しますので、タンパク質やペプチドなどの分子をリガンド分子としてDNA先端に固定化した状態で、アナライト分子をフローチャンネルに流すことで、相互作用に伴うスイッチング速度変化(Dynamic Responseの減少)を検出し、結合のカイネティクス解析および粒子径測定を行うことができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕様

検出限界 10 fM (MW > 10 kDa)
解離定数 50 fM – mM
結合速度定数 10^3 – 10^9 M^-1S^-1
解離速度定数 10^-6 – 1 S^-1
流体力学直径精度 0.1 nm
温度範囲 8 ℃ 〜 75 ℃(チップ)10 ℃ 〜 40 ℃(オートサンプラー)
  • バイオ医薬品・バイオ技術
  • 医薬品
[生体分子間相互作用解析装置, DRX , ダイナミックバイオセンサー, タンパク質間相互作用, 熱安定性評価, DNAナノバレー]