製品ページ、ドキュメントの保存

保存されたページ

保存されたドキュメント

この情報はクッキーに保存されます。ブラウザからクッキーが削除された場合、情報は失われます。

お問い合わせ

お問い合わせはこちらから。

×
Thank you for your message
クヌール DCF 最適化ラック

[データセンタが抱える問題に対応するために設計されたラック・システム]

Knurr DCF最適化ラック・システムは、ネットワーク機器、サーバ搭載用に最適化されたグローバルスタンダード・ラックであり、強度とデザイン性を重視した独自のスチールフレーム構造により耐震性と耐荷重性を低コストで実現しています。 お客様のデータセンタ内のコンピュータハードウェア、電力管理テクノロジー、周辺機器を統合し、優れた設計とフレキシビリティによりデータセンタ機器の性能を最大限に活用することにより据付作業も容易に行えます。

特長

[トップカバー]

  • ケーブル導入穴付き。(プラスティックカバー付き)
  • ケーブルラック等の取り付け可能なケージナット用穴付き。

  • 吊りボルト用穴付き。

[サイドカバー]

  • 2分割でき取り外しが安全かつ簡単に可能。

  • セキュリティ強化のための鍵付き。(4か所)

[リアカバー]

  • 観音扉により設置の省スペース化が可能。

  • ハニカム(6角形)パンチング仕様。

[フロントドア]

  • 標準デザインドアはR曲線の設計によりデザイン性・ケーブルスペース及び高開口に優れている。

  • ハニカム(6角形)パンチング加工により高開口率75%を確保。

  • 現地にて扉の反転が容易に可能。(右開き、左開き)

[垂直ケーブルホルダー]

  • 標準2個(左右)付き。

  • PDUの取付が容易。

  • ケーブル用ホルダーとしての使用が可能。

[マウントフレーム]

  • 位置だし機能によりマウントの移動が容易。

  • U表示(前後8か所)付きで機器の取付が容易。

  • マシナリー・製造
クニュール社 (Knurr)クニュール社 Knurr DCF最適化ラック・システムは、ネットワーク機器、サーバ搭載用に最適化されたグローバルスタンダード・ラックであり、強度とデザイン性を重視した独自のスチールフレーム構造により耐震性と耐荷重性を低コストで実現しています。
[サーバーラック, DCFラック, VERTIV]