製品ページ、ドキュメントの保存

保存されたページ

保存されたドキュメント

この情報はクッキーに保存されます。ブラウザからクッキーが削除された場合、情報は失われます。

お問い合わせ

お問い合わせはこちらから。

×
Thank you for your message

[プラグインタイプの簡易接続で手軽に動粘度測定を]

LAUDA iViscは本格的な動粘度測定を評価を手軽に行っていただける自動動粘度測定システムです。測定サンプルの自動押し上げを行うマイクロポンプと流下時間計測のための電子回路をコンパクトなコントロールヘッド上部にすべて内蔵し、専用オペレーションソフトがインストールされたPCとの接続もUSBケーブル1本のシンプル接続ですので、デスクのスペースユーティリティー改善にも貢献します。多くの物性評価用計算式がプリインストールされているソフト上では装置操作や測定条件設定だけでなく稼働状態のリアルタイム確認、測定/評価結果の表示などすべての操作をワンタッチで行うことができます。

特徴

  • プラグ&プレイの簡単接続セットアップ
  • 1台のPCに2台のアイビスクを接続可能
  • 直観的操作体系を実現したオペレーションソフトウェア標準付属
  • 有色、黒色サンプルでも測定可能な近赤外線によるメニスカス検出
  • USBケーブル1本だけの簡単接続で通信と電源供給を一度に解決
  • 本体上面に稼働状態モニター用LEDランプ搭載
  • 低消費電力設計でノートPCでも安心運転
  • -20℃から150℃までの広範囲サンプル温度をカバー

 

アプリケーション例

  • 樹脂材料の特性評価における粘度数計測に
  • 石油化学分野におけるモータオイル、潤滑油、燃料、灯油、添加剤などの動粘度測定に
  • 医療、生体分野で使用される高分子材料の鎖長測定に

 

 

 

製品仕様
測定サンプル温度範囲
-20...150
設置周囲温度範囲
10...45
計測可能流下時間範囲
0...9,999.99
推奨流下時間範囲
30...1,000
測定可能動粘度範囲
mm2/s
0.3...30,000
流下時間測定分解能
0.01
測定誤差
ppm
1
メニスカス検出
光学式(近赤外線)
消費電力
W
1
本体外寸法(WxDxH)
mm
95 x 96 x 425
電源供給
USB
製品重量
kg
1.4
製品品番
LMV 830

コンパクトでスタイリッシュなだけでなく、数多くの特徴と優れた機能を持ったPC直結型の自動動粘度測定スタンドです。定評ある近赤外線によるメニスカス検出と超小型強力ポンプとの組み合わせで、測定サンプルの吸い上げから流下時間計測までを全て自動で行います。測定可能動粘度範囲も0.3mm2/sから30,000mm2/sと非常に広範囲。LAUDA ET 15 Sやビスコクール 6、ビスコテンプシリーズ恒温槽との組み合わせでコンパクトで手軽な小規模動粘度測定システムが完成します。

 

その他推奨別売アクセサリ:粘度管ホルダー、マイクロウベローデ管用アダプタ、各種用途別粘度管(ウベローデ、マイクロウベローデ、キャノンフェンスケ、マイクロオストワルド、希釈型ウベローデなど)

  • 自動車
  • 化学
  • 化粧品・パーソナルケア
  • 食品・飲料
  • 医薬品
  • ポリマー、プラスチック、ゴム
ラウダ社(LAUDA)   サプライヤー情報: ラウダ社 (LAUDA) ドイツ国ラウダ社は50年以上の長い歴史を誇るチラー、恒温槽の専門メーカーです。ラボラトリーユースの汎用品から工業用、プラント設備用の大型システムまで、ユニークで高度なテクノロジーを駆使した加熱冷却機器を幅広く提供しています。特に高精度な温度調節が不可欠な化学合成、製薬、製剤、プロセス制御の方面では世界的に絶対的な信頼を得ています。培われた高精度温度制御技術を応用した表面張力計、動粘度計の製造も行っており、物理物性測定の方面でも傑出したテクノロジーが光ります。
[Lauda, ラウダ, 動粘度測定, 粘度数計測]