製品ページ、ドキュメントの保存

保存されたページ

保存されたドキュメント

この情報はクッキーに保存されます。ブラウザからクッキーが削除された場合、情報は失われます。

お問い合わせ

お問い合わせはこちらから。

×
Thank you for your message
マーグ 「押出機用ギアポンプ」

全ての熱可塑性プラスチックおよびエラストマーの押出成形プロセスにおける課題を解決します。

国内外を問わず既に広く知られているmaag 社製押出成形機用ギアポンプ。長年にわたる実績はmaag 社の高い品質と信頼性の証です。標準型ギアポンプ( 第5 世代) ではこれまでの実績をベースに、幾何学的に滞留を防ぐよう形状を最適化。また独自の窒化処理技術によりギアシャフトのライフタイムの長期化を実現しました。

材質

ハウジング及びカバー

合金鋼

ギアシャフト

窒化工具鋼

ベアリング

工具鋼

シャフトシール

炭素鋼

加熱方式

電気式カートリッジヒーター又はオイルジャケット

粘度(せん断速度10/秒)

< 30'000 Pas

運転温度

max. 350 °C

最大吸入圧 p1

120 bar

最大吐出圧 p2

GP 350bar, HV 300bar, HP 500bar

最大昇圧能力 Dp

GP 250bar, HV 200bar, HP 400bar

近年押出成形にはより高度な製品品質への向上が要求されています。ギアポンプを使用することで、総合的に押出成形ラインの効率化と製品品質の向上を実現します。ギアポンプによってダイスに必要な圧力まで昇圧を行い、押出機の出口圧力を抑制し、押出機を混練に特化することで製品品質の向上を実現。エネルギー効率が高いため、ライン内での樹脂温度の上昇を抑制します。ギアポンプはギア歯の噛み合いで昇圧を行うため、押出機単体での昇圧と比較し、ダイスでの脈動を最小化することが可能です。併せて、ライン全体の消費電力を抑制し、システムの省力化を実現します。

  • マシナリー・製造
マーグ社 (MAAG Pumps)サプラヤー情報: マーグ社(Maag) マーグ社では化学・製薬及び一般産業における広範なアプリケーション、高粘度流体、高温プロセス、真空プロセス、高吐出圧プロセスなどのアプリケーションや腐食性のある流体や高純度の流体などに適応するギアポンプを提供しています。
[]