製品ページ、ドキュメントの保存

保存されたページ

保存されたドキュメント

この情報はクッキーに保存されます。ブラウザからクッキーが削除された場合、情報は失われます。

お問い合わせ

お問い合わせはこちらから。

×
Thank you for your message
ヴァイニッヒ 「マシニングセンタ・コントレックス ノコ・エンドミル・ドリル・サンダー」

タンデムに並んだ2基のスピンドルが、それぞれ個別に働き、連携プレーで加工を進めます。1台が加工中にもう1台はツールチェンジ(ATC)を行なうなど、ムダな作業時間を減らし、ストップゼロの生産が実現します。

 

ヴァイニッヒは未来の生産技術を先取りします。

ストップゼロの完全自動生産

 

ムク材加工機大手のヴァイニッヒは、ハイテク技術においても高い評価をいただいています。そして、先進のヴァイニッヒ技術の粋を集めたのが、この"コントレックス”です。ノコ、エンドミル、ドリル、サンダー他、様々なツールを複数一度に搭載し、家具部材などの複雑な形状を自動で作り上げるマシンです。一般的に言われるマシニングセンターです。

 

タンデムに並んだ2基のスピンドルが、それぞれ個別に働き、連携プレーで加工を進めます。1台が加工中にもう1台はツールチェンジ(ATC)を行なうなど、ムダな作業時間を減らし、ストップゼロの生産が実現します。 

短納期・在庫圧縮を求められるこの時代において、解決策はコントレックスにあります。生産の流れを素早く合理的なものに変えることができます。必要や作業は、現在お持ちの製品図面をソフトウェアに取り込むだけです。あとは材料を投入し、生産量を設定すれば、自動で生産が完了します。 

コントレックスは、新しい市場への参入を強力にサポートします。

 

  • 2基のスピンドルにより、複雑形状の加工も難なく自動化
  • 2基のクランプシステム”パワーグリップ”が柔軟に材を保持
  • セット替え時間ゼロで、生産性アップ
  • 簡単な図面登録
  • ジャスト・イン・タイムの実現
  • 高精度の加工
  • 最高品質の仕上がり肌
  • 人間工学に基づいたユーザーフレンドリーな操作部
  • 教育・研究
  • エレクトロニクス
  • マシナリー・製造
  • 造船
ヴァイニッヒグループ (Weinig Group)サプライヤー情報: ミカエル・ヴァイニッヒAGおよびヴァイニッヒ・グループ (Weinig Group) ミカエル・ヴァイニッヒAGおよびヴァイニッヒ・グループの各企業は、木材加工産業全般向けに最新鋭技術を提供しており、その事業分野は木工機械、刃物、すべての関連サービスの開発、製造、販売に及んでいます。ミカエル・ヴァイニッヒAGの主要製造工場は、ドイツのタウバービショフスハイムに1905年に設立されて以来、稼動を続けており、同工場ではおよそ1,100人の従業員が業務に従事しています。そのほか、ヴァイニッヒ・グループはドイツ国内はもとより、スイス、中国、スウェーデン、米国など世界各国に生産拠点を有しています。 ヴァイニッヒ・グループは、ミカエル・ヴァイニッヒAGをはじめとする17の企業から構成され、さらに各地の現地法人を通じて世界中で事業を展開しています。グループ内のメーカーとしては、ドイツのグレコン社・ディムター社・ライマン社、スウェーデンのワコー社、2007年にグループに参加したルクセンブルグのラクスキャン社などが挙げられます。ヴァイニッヒAGがモルダー分野で世界的リーダーであるのと同様、グループ各社は、それぞれの専門分野で国際的なマーケットリーダーの地位を占めています。ヴァイニッヒ・グループは、小割りからプレーナー・モルダー加工、三次元加工、最適木取り(オプティマイジング)による自動クロスカットに至るまで、木材二次加工のソリューションを一貫して提供しています。
[ヴァイニッヒ, マシニングセンタ, コントレックス, 木材加工機械, DKSHジャパン]