製品ページ、ドキュメントの保存

保存されたページ

保存されたドキュメント

この情報はクッキーに保存されます。ブラウザからクッキーが削除された場合、情報は失われます。

お問い合わせ

お問い合わせはこちらから。

×
Thank you for your message

チャンバー下部に設置された複数のジェットノズルで、粉体同士を衝突させて微粒子化させるカウンタータイプのジェットミルです。分級ローターの速度を変えることで、より自由に粒径をそろえることが可能です。PLCと連動した重量コントロールで自動運転も可能。

cGMP設計になっており、IQ/OQにも対応します。洗浄性にも優れた設計で、作業者の負担を軽くかつダウンタイムを極力減らせるよう、すべて作業効率を考慮したデザインです。より少量の処理の場合は、小型(R&D~パイロット用)JS100シリーズもございます。

カウンター式ジェットミル(オポジット式) JS300 仕様

空気消費量(7bar時) 3.9 [Nm/min]
処理能力 5~30 [Kg/h]
対物レンズ倍率 306mm
チャンバー中心直径 180Kg
  • 化学
  • 医薬品
ミクロマチナチオーネ社 (Micro-Macinazione SA)サプライヤー情報: ミクロマチナチオーネ社(Micro-Macinazone SA) Micro-Macinazione SA社(本社スイス)は、微細・粉砕メーカーとして1960年代の終わりに設立されました。それ以来独自のジェットミル技術で、粉体微粒子化を40年に渡って行っている、乾式ジェットミル微細化技術のエキスパートです。 また、粉砕装置技術を活かした受託加工サービスも行っており、あらゆる粉体に対して微細化するノウハウを蓄積しております。生産受託サービス+独自の装置設計により、いままで困難であった様々な微粒子レベルを達成するとともに、お客様の要求に合わせた複雑なカスタマイズにも対応致します。
[]