製品ページ、ドキュメントの保存

保存されたページ

保存されたドキュメント

この情報はクッキーに保存されます。ブラウザからクッキーが削除された場合、情報は失われます。

お問い合わせ

お問い合わせはこちらから。

×
Thank you for your message
セタラム 「示差走査熱量計 DSC131 EVOシリーズ」

シンプルな構造のプレート式DSC センサーを採用しました。ユーザーでも交換可能なロッド式センサー構造のため、センサー故障時の修理時間とコストを大幅に削減できます。 計算等によるベースライン最適化、修正等を一切排除し、試料の熱変化をDSC センサーからダイレクトに出力します。

 

 

仕様

DSC131 EVO

温度範囲 室温~700℃ (内臓冷却ファン)
-70℃~400℃(電気式冷却機)
-170℃~500℃(液体窒素冷却機構)
昇温速度 0.01~100K/min
熱量信号分解能 0.8uW
試料容器 アルミニウム:30ul (標準)/ 100ul
アルミナ:100ul
インコネル製耐圧容器:30ul、50MPa 600℃
その他 ガス切り替え機構
  • 化学
  • 化粧品・パーソナルケア
  • エレクトロニクス
  • エネルギー
  • 環境
  • 食品・飲料
  • 医薬品
セタラム インスツルメンテーション社 (SETARAM Instrumentation)サプライヤー紹介: セタラム社(SETARAM Instrumentation) セタラム社(フランス・リオン市)は、高性能熱分析装置と熱量計、ガス吸着装置、高圧質量分析装置のリーディングメーカーです。その応用分野は、製薬、生命科学、先端材料、エネルギー、プロセス安全など多岐にわたり、完全かつ専用のソリューションを提供いたします。
[セタラム, Setaram, 熱量計, 熱分析装置, 示差走査熱量計 DSC]