製品ページ、ドキュメントの保存

保存されたページ

保存されたドキュメント

この情報はクッキーに保存されます。ブラウザからクッキーが削除された場合、情報は失われます。

お問い合わせ

お問い合わせはこちらから。

×
Thank you for your message
イリノイ社製 「水蒸気透過率測定装置 7000シリーズ」

5酸化リンセンサーを採用し、測定下限を0.002g/m2/dayまで実現しました。相対湿度・温度を正確に制御致しますので、バリアフィルムの試験・研究に最適です。キャリブレーションを標準ガスで行うことで測定データーの信頼性を確保しています。

 

[特長]

  • 正確な湿度・温度コントロール
  • 0.002g/m2/dayから測定が可能です。
  • マルフローコントローラーによるガスの流出を制御致します。
  • ISOに準拠しております。
  • NISTトレーサプルはフィルムでキャリブレーションが可能です。

[測定の原理]

DKSH-Japan-Systech-Illinois-7000

測定パラメータの入力や呼び出しが簡単データの検索、分類、保管及び出力が容易リアルタイムに測定データが観察可能平衡点又は継続時間での自動停止機能搭載自動システム診断フィルムなどを透過する水蒸気の透過速度を同社独自のセンサーで検出します。

サンプルは拡散室にクランプで取り付け、上半分にはWET窒素を流し、下半分にはDRY窒素を流します。フィルムを透過して拡散した水蒸気はキャリアガスによってセンサーに運ばれ、測定されます。その結果測定された透過率はg/m2/dayまたはg/100in2/dayのどちらかの表示を選択できます。

五酸化リン(P205)センサーの構造は石英管に白金線を二重に巻き、五参加リンを塗布したものです。ファラデーの法則により、直接水分量を測定できます。水分に対する感度が赤外線の5~10倍という特長をもっています。

水蒸気透過率測定装置 7000シリーズ 仕様

測定範囲 0.002~70g/㎡/day
0.02~1000g/㎡/day (マスク使用)
測定チャンバー数 2
試験温度範囲 5~50℃
試験湿度範囲 0~90% RH
フィルムサンプルの大きさ 50㎠、小型サンプル用マスク有り
  • ハイバリアフィルム
  • 食品容器包装
  • 電子材料開発
  • 封止材フィルム素材開発
  • 各種コーティングフィルム
  • 化学
  • 化粧品・パーソナルケア
  • 食品・飲料
  • 医薬品
  • ポリマー、プラスチック、ゴム
  • 半導体、太陽光・エレクトロニクス
イリノイ社 (Systech Illinois)サプライヤー情報: イリノイ社 (Systech Illinois) システック・イリノイ社は25年以上に渡り、広範囲な産業に分析装置を供給してきました。イギリスやアメリカにあるシステック・イリノイ社のプラントでは、食品包装分野における、ヘッドスペース測定機や製造プラントにおける水蒸気透過率測定装置を製造しています。
[水蒸気透過率測定装置, イリノイ, ガスバリア測定, フィルム測定, 等圧法]