製品ページ、ドキュメントの保存

保存されたページ

保存されたドキュメント

この情報はクッキーに保存されます。ブラウザからクッキーが削除された場合、情報は失われます。

お問い合わせ

お問い合わせはこちらから。

×
Thank you for your message
イリノイ社製 「酸素透過率測定装置 8000シリーズ」

[高バリア~低バリアまでカバーする高性能酸素透過測定システム]

広い測定範囲でDry/Wetの試験を一台で行う事ができ、且つスピーディーな切替が可能です。拡張モジュールを増設する事で最大12チャンネルの同時測定も可能です。

[特長]

  • ​NIST(米国立標準技術研究所)で認定を受けた分析装置
  • キャリブレーション(校正)は、【標準ガス】【(標準)フィルム】の2種類から選択
  • 1台で広範囲のバリアレンジに対応
  • 冷却剤、触媒、特殊混合ガスなどは不要​

8000シリーズは等圧法(モコン法*1)に準拠した測定機器です。

*「モコン法」は慣用名です。正式な測定規格は「等圧法」です 

 

[オペレーションの原理]

DKSH-Japan-Systech-Illinois-8000

システック-イリノイ社独自のセンサー技術で高精度に測定します。サンプルを拡散チャンバー内に固定し、透過する酸素の移動速度(OTR)を検出します。複雑な分離/抽出作用や、複雑な外挿を使用せずに酸素透過を直接測定できます。酸素透過率は、cc/m2/day又はcc/100in2/dayにて表示されます。

 

 

 

酸素透過率測定装置 8000シリーズ 仕様

測定範囲 0.01~432,000cc/㎡/day
測定チャンバー数 2
試験温度範囲 5~50℃
試験湿度範囲 20~90% RH
フィルムサンプルの大きさ 50㎠、小型サンプル用マスク有り
  • ローバリア~ハイバリアフィルム
  • 家庭用食品ラップ
  • 食品容器包装
  • カップ、ボトル類、PETボトル、
  • ポリエチレンフィルム
  • PEラップ
  • パウチ
  • フィルムシール
  • 化学
  • 化粧品・パーソナルケア
  • 食品・飲料
  • 医薬品
  • ポリマー、プラスチック、ゴム
  • 半導体、太陽光・エレクトロニクス
イリノイ社 (Systech Illinois)サプライヤー情報: イリノイ社 (Systech Illinois) システック・イリノイ社は25年以上に渡り、広範囲な産業に分析装置を供給してきました。イギリスやアメリカにあるシステック・イリノイ社のプラントでは、食品包装分野における、ヘッドスペース測定機や製造プラントにおける水蒸気透過率測定装置を製造しています。
[酸素透過率測定, イリノイ, ガスバリア測定, ガスバリア性評価, フィルム測定]