製品ページ、ドキュメントの保存

保存されたページ

保存されたドキュメント

この情報はクッキーに保存されます。ブラウザからクッキーが削除された場合、情報は失われます。

お問い合わせ

お問い合わせはこちらから。

×
Thank you for your message
アンチェインド ラボ 「全自動等温化学変性測定装置 HUNK」

[タンパク質の安定性をΔGで定量的に評価、バイオ医薬品の凝集性を予測]

タンパク質の立体構造の安定性は、ギブスの自由エネルギー変化(ΔG)によって量的に表すことができます。天然状態のタンパク質は、溶液中において変性状態との間のわずかなエネルギーバランスの差によって立体構造が保たれています。つまり、立体構造の安定化は様々な安定化因子と不安定化因子が相殺された結果の微妙なバランスの上に成り立っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

HUNK仕様

最小サンプル濃度 25 ug/ml IgG (タンパク質による)
各ΔG当りの必要サンプル量 1 mL
各ΔG当りの測定時間 約 1 時間
1ラン当りの最大ΔG測定数 96
測定温度範囲 室温 + 2 ℃ ~ 30 ℃
タンパク質保存温度 4 ℃ ~ 室温
蛍光励起/発光レンジ 190 ~ 890 nm ex、200 ~ 900 nm em
サンプルキュベットタイプ - rUNt ディスポ―ザブルキュベット
- 12.5 mm 角型キュベット
- 8 µL フローセル
- 12 µL, 45 µL 石英キュベット
- 50µL ポリスチレンディスポ―ザブルキュベット
光源 キセノンランプ
蛍光検出ダイナミックレンジ 5 桁
環境温度 18 ~ 28℃
  • バイオ医薬品・バイオ技術
  • 医薬品
[タンパク質の安定性, アンチェインドラボ, UnchainedLabs]