製品ページ、ドキュメントの保存

保存されたページ

保存されたドキュメント

この情報はクッキーに保存されます。ブラウザからクッキーが削除された場合、情報は失われます。

お問い合わせ

お問い合わせはこちらから。

×
Thank you for your message
アンチェインド ラボ 「オールインワン・タンパク質物性評価装置 UNcle」

タンパク質の様々な安定性評価を1台でワンストップ測定。 1 サンプル9 μL、48サンプル同時測定。

UNcle 装置仕様

最小サンプル容量 9 μL
同時測定 48サンプル
温度レンジ 15 -95 ℃
サンプル濃度 0.05 mg/ml – 150 mg/ml IgG (タンパク質による)
昇温速度 0.01 – 10 ℃/min
測定温度確度 ±1 ℃( <70℃ ) , ±1.5℃ (>70℃)
設備環境 温度:18-28℃, 湿度: 40-60%RH(結露のないこと)
電源環境 110 -240 VAC, 50/60 Hz, ヒューズ容量:6A, 最大消電力:600W
寸法(D×W×H)、重量 500×540 ×580 mm , 50 kg

UNcle特長

→3種類の検出モードをオールインワン

  • 動的光散乱(DLS)

  • 静的光散乱(SLS)

  • 蛍光フルスペクトル

→サンプル量9 μL, 48 サンプル同時測定


→ハイスループット熱安定性評価(Tm & Tagg)


→等温安定性評価


→粒子径、多分散性、KD、B22 の決定


→粘度測定

  • バイオ医薬品・バイオ技術
  • 医薬品

アプリケーション

蛍光スペクトル測定 静的光散乱(SLS) 動的光散乱(DLS)
Tm
Taag
等温安定性評価
リフォールディング評価
粒子径測定
多分散性評価
DLSによる熱安定性評価
B22 ●(Intensity測定)
KD
粘度測定
[アンチェインドラボ, Unchained Labs, タンパク質物性評価装置]