製品ページ、ドキュメントの保存

保存されたページ

保存されたドキュメント

この情報はクッキーに保存されます。ブラウザからクッキーが削除された場合、情報は失われます。

お問い合わせ

お問い合わせはこちらから。

×
Thank you for your message
ヴァイニッヒ 「スルーフィードタイプ 全自動クロスカットソー  オプティカット200」

オプティマイジング機能とは、木材の中でゴミ材となる部分を最小限に抑え、価値のある部材を最大限に生み出す機能です。つまり、素材の良いとこだけを取り出して有効活用する機能です。 そして、新開発のノコの昇降システムにより、ノコの無駄な動きをより少なくし、効果的なクロスカットを可能としました。初期投資でかかるコストも短期間で回収することが可能となります。 また、一般に流通している部品を数多く採用しており、消耗品の交換に掛かる様々なコストを抑えることができます。例えば、コンベア用ベルトは、現場サイドでの修復も可能です。 パフォーマンス・シリーズ オプティカット200は、操作システム"オプティコム”を搭載しており、操作方法もきわめて簡単です。そして、作業環境の悪い現場でも、安全性は確保できる仕組みになっています。

時代を先取る木工技術 全自動クロスカットソー


ヴァイニッヒの新しいパフォーマンス・シリーズ:

確実に利益を上げる力強いコンセプト

 

オプティカット200シリーズは、安定した高い生産能力と確かな性能を兼ね備えています。オプティカット200エリート/オプティカット200エグザクトは、ともにフルオプティマイジング機能を標準搭載しています。

 

オプティカット200シリーズ:

  • 安定した生産性の高さ
  • スリップによる長さ測定誤差を解消
  • 欠点を除去する正確な部材カット
  • 高い歩留まり(8グレードまで)
  • カンタンな送りローラー交換
  • 駆動ワイドローラーによる安定した送材
  • 個別に制御された押えローラー(欠け材も精度良くクロスカットできます)
  • カット部材の自動選別機能
  • ゴミ処理ピット(パテント取得)による信頼の欠点除去
  • 豊富なオプション!そのほとんどが後付け可能
  • 欠点読み取り用スキャナーとの接続可能
  • 投入、前取りの自動化対応

 

  • 教育・研究
  • エレクトロニクス
  • マシナリー・製造
  • 造船
ヴァイニッヒグループ (Weinig Group)サプライヤー情報: ミカエル・ヴァイニッヒAGおよびヴァイニッヒ・グループ (Weinig Group) ミカエル・ヴァイニッヒAGおよびヴァイニッヒ・グループの各企業は、木材加工産業全般向けに最新鋭技術を提供しており、その事業分野は木工機械、刃物、すべての関連サービスの開発、製造、販売に及んでいます。ミカエル・ヴァイニッヒAGの主要製造工場は、ドイツのタウバービショフスハイムに1905年に設立されて以来、稼動を続けており、同工場ではおよそ1,100人の従業員が業務に従事しています。そのほか、ヴァイニッヒ・グループはドイツ国内はもとより、スイス、中国、スウェーデン、米国など世界各国に生産拠点を有しています。 ヴァイニッヒ・グループは、ミカエル・ヴァイニッヒAGをはじめとする17の企業から構成され、さらに各地の現地法人を通じて世界中で事業を展開しています。グループ内のメーカーとしては、ドイツのグレコン社・ディムター社・ライマン社、スウェーデンのワコー社、2007年にグループに参加したルクセンブルグのラクスキャン社などが挙げられます。ヴァイニッヒAGがモルダー分野で世界的リーダーであるのと同様、グループ各社は、それぞれの専門分野で国際的なマーケットリーダーの地位を占めています。ヴァイニッヒ・グループは、小割りからプレーナー・モルダー加工、三次元加工、最適木取り(オプティマイジング)による自動クロスカットに至るまで、木材二次加工のソリューションを一貫して提供しています。
[全自動クロスカットソー, クロスカット, クロスカットソー, ディムター, ヴァイニッヒ, DKSHジャパン]