DKSHジャパン、抗菌効果が期待できるKolzer社のPVDコーティング装置を日本市場で展開  June 11, 2020


			
				DKSHジャパン、抗菌効果が期待できるKolzer社のPVDコーティング装置を日本市場で展開 

DKSHジャパン(本社:東京都港区、取締役社長:石原滋)は、独占販売契約を締結しDKSHが総代理店をつとめるイタリアのKolzer(コルツァー)社が提供する、抗菌効果を発揮する銅や銀粒子を繊維にもコーティング可能なPVDコーティング装置を日本市場で展開しています。

プレスリリース

DKSHジャパン抗菌効果が期待できるKolzer社のPVDコーティング装置を日本市場で展開 

DKSHジャパン(本社:東京都港区、取締役社長:石原滋)は、独占販売契約を締結しDKSHが総代理店をつとめるイタリアのKolzer(コルツァー)社が提供する、抗菌効果を発揮する銅や銀粒子を繊維にもコーティング可能なPVDコーティング装置を日本市場で展開しています。

アジアにおけるビジネスの成長を目指すテクノロジー企業を対象としたマーケットエクスパンションサービスの提供で世界をリードするDKSHジャパンのテクノロジー事業部門は、PVD真空蒸着コーティング装置の主要メーカーであるKolzer社の、抗菌に効果を発揮する銅および銀のナノ粒子アプリケーションの専門知識、および装置を提供しています。

 

世界が新型コロナウイルス感染拡大の緊急事態に直面する中、Kolzer社の先進的なテクノロジーは、ファブリックに金属コーティングが可能なPVDスパッタリングコーティングの特性を生かし、マスクやその他の医療関連機器に銅や銀粒子をコーティングすることができます。銅と銀は、新型コロナウイルスへの抗菌・抗ウイルス対策として多く使用されている金属であり、マスクや医療用衣服、エアフィルターをはじめ、様々な素材に応じた特殊コーティングが可能です。

 

現在、Kolzer社では、生地のロール材コーティング機能を搭載した、下記3機種のPVDスパッタリング装置を提供しております。

 

DGK36” :ロール最大径 400mm、最大生地幅 800mm

DGK48” :ロール最大径 600mm、最大生地幅 1000mm

DGK63” :ロール最大径 800mm、最大生地幅 1200mm

 

特徴:

1.      生地コーティング幅は、上記3機種すべてにおいてご要望に応じ、オプションにて1800mmまで対応可能

2.      本装置はロール材コーティング機能を入れ替えることで、通常部品向けPVDコーティングに対しても転用可能

 

 

本装置は、真空での制約がある「紙」等を除き、ロール状態の生地を装置へ投入することで金属コーティングが可能です。特に、PETポリエステルや合成繊維へのコーティング性に優れています。また、本装置の使用例として、医療用マスクの製造プロセスにおいては、個々のマスクにコーティングを施すよりも、事前にロール生地の段階でコーティングを済ませておくことで、多大なコスト削減にもつながります。