DKSHジャパン、滅菌率99.9%の抗菌・抗ウイルスフィルムを日本市場で展開  December 11, 2020


			
				DKSHジャパン、滅菌率99.9%の抗菌・抗ウイルスフィルムを日本市場で展開 

DKSHジャパン(本社:東京都港区、取締役社長:石原滋)は、DKSHが総代理店をつとめるフランスのGergonne(ゲルゴーン)社が提供する、抗菌・抗ウイルスフィルム「カバーセイフ」の日本市場での展開を開始しました。

プレスリリース

DKSHジャパン、滅菌率99.9%の抗菌・抗ウイルスフィルムを日本市場で展開 

DKSHジャパン(本社:東京都港区、取締役社長:石原滋)は、DKSHが総代理店をつとめるフランスのGergonne(ゲルゴーン)社が提供する、抗菌・抗ウイルスフィルム「カバーセイフ」の日本市場での展開を開始しました。

アジアにおけるビジネスの成長を目指すテクノロジー企業を対象としたマーケットエクスパンションサービスの提供で世界をリードするDKSHジャパンのテクノロジー事業部門は、産業用特殊テープの主要メーカーであるフランスのGergonne社が、独自の微粒子技術を有する化学薬品メーカーPYLOTE(パイロット)社と共同開発した「カバーセイフ」を日本国内で展開しています。

 

「カバーセイフ」は、表面に敷き詰められた2ミクロン以下の100%抗菌ミネラル微粒子が、空気中の湿気と触媒反応を起こし、活性酸素を排出することにより、フィルム表面の菌やウイルスを酸化させて破壊する仕組みで、人体にも環境にも優しい製品です。
フィルムの抗菌・抗ウイルス効果は、大腸菌、黄色ブドウ球菌、サルモネラ菌、緑膿菌、インフルエンザウイルスA、ヒトロタウイルス、ヘルペスウイルスタイプ1、アデノウイルスタイプ3、コロナウイルス229Eに対して24時間で99.9%減菌することが確認されています(ISO 21702、JIS Z 2801規格)。また、この効果は約50か月(気温40度、湿度75%の条件下)持続することも確認されています。
フィルムの片側が粘着層のため、デスクやテーブル、パーテーション、ドアノブ、エレベーターのボタンやエスカレーターの手すり、電車内のつり革や手すりなど、複数の人が接する場所に貼りつけて使用することで、それらの場所での頻繁な消毒を低減することが可能になります。
なお、触媒反応により、フィルム表面の微粒子が減ることはなく、また、フィルムの上から水、アルコール、消毒剤で拭いても効果に影響はありません。

【製品概要】
幅 1,490 mm x 長さ 30.0 m (厚み 0.14 mm)
ロール1本 28万円(税別)