DKSHジャパン、IT資産への高速でシームレスかつ安全性の高いリモートアクセスを可能にする次世代IP-KVMプラットフォームVertiv™ Avocent® ADX Ecosystemの販売を開始 September 15, 2021


			
				DKSHジャパン、IT資産への高速でシームレスかつ安全性の高いリモートアクセスを可能にする次世代IP-KVMプラットフォームVertiv™ Avocent® ADX Ecosystemの販売を開始

DKSHジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:石原滋)は、DKSHジャパンが代理店をつとめるバーティブ社のAvocent ADX Ecosystemの日本での販売を開始しました。

プレスリリース

DKSHジャパン、IT資産への高速でシームレスかつ安全性の高いリモートアクセスを可能にする次世代IP-KVMプラットフォームVertiv™ Avocent® ADX Ecosystemの販売を開始

DKSHジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:石原滋)は、DKSHジャパンが代理店をつとめるバーティブ社のAvocent ADX Ecosystemの日本での販売を開始しました。

アジアにおけるビジネスの成長を目指すテクノロジー企業を対象としたマーケットエクスパンションサービスの提供で世界をリードするDKSHジャパンのテクノロジー事業部門は、米国バーティブ社の Avocent ADX Ecosystemの日本国内での販売を開始しました。

Avocent ADX Ecosystemは、長年顧客から信頼されてきたAvocentブランドの業界をリードするテクノロジーに基づいて開発され、エンタープライズ、エッジ、クラウド、およびコロケーションなどのハイブリッドネットワーク環境に対応する次世代のIP-KVMプラットフォームです。高度なエンジニアリング作業や設計、ビデオ編集、その他の高解像度ストリーミングアプリケーションで必要とされる4K解像度のKVMスイッチを搭載し、専門スタッフがリモートでオンプレミスのアプリケーションにセキュアにアクセスし、ストレス無く最高のパフォーマンスを発揮できる環境を実現します。


Avocent ADX Ecosystemには次の特長があります。

  • 卓越したビデオパフォーマンスを実現、リモートワーカーが求める高品質の4K解像度(3840×2160、リフレッシュレート30Hz)に対応
  • 次世代のIP-KVMスイッチで、HDMI、VGA、USB-Cおよびディスプレイ・ポート、シリアル・ポートなど最新のコネクタにもフレキシブルに対応、さまざまなデバイスへのKVM / シリアルアクセスをIPで統合し、IT資産へのスケーラブルなリモートアクセス環境を提供
  • 仮想、および物理ITインフラストラクチャの安全で効率的な管理と制御を提供し、同時に最大100人以上のユーザーのKVMセッションとシリアルセッションの両方を管理します。
  • オープンスタンダードなプラットフォーム上に実装されたAPIを備え、企業の情報システムからエッジまでのITデバイスの高速で安全かつスケーラブルな展開が可能
  • プロセスを自動化、設定変更やステータス・レポートなどデバイス管理のプロセスを自動化し、時間短縮、効率化で、より価値の高い仕事に人材を使うことでビジネスのROIを向上