問い合わせる

こちらへお問い合わせ内容をご入力ください。

×

Invalid Captcha
フォームが送信されました。ありがとうございました。
ベルネックス 「CVAコーティング装置」

Bernex CVA (Chemical Vapor Aluminizing) コーティング装置は、航空機ジェットエンジンのタービンブレードやステーターにアルミニウムのディフュージョン膜を作ります。

過去10年の間にジェットエンジンのホットセクションの温度は1,100℃ から 1,230℃に上がり、ガス自体の温度も1,550℃となりました。この高温と厳しい運転条件のため、タービンブレード等高温になる部品の表面処理は磨耗、疲労破壊、腐食、酸化をどのようにして防ぐかの困難な研究開発が長く行われてきました。

CVAコーティング装置は特にタービンブレードの内部冷却チャンネルのコーティング、その他の従来型のパックコーティングでは困難なAl+Cr or Si ディフュージョンを1バッチのコーティングプロセスとして適用できます。

より安全な作業環境を提供し、また、パックプロセスでの厄介な廃棄物の処理の負担もCVDでは水封ポンプの排ガス中和液の処理に軽減されます。

 

 

  • マシナリー・製造
  • 紛体・顔料 コーティング
ベルネックス社 (IHI Bernex AG)サプライヤー情報: ベルネックス社 (IHI Bernex AG) ベルネックス社は薄膜コーティングの世界的リーダーとして硬質、低摩擦係数、耐食性の高品質な幅広い成膜技術を提供します。ベルネックス社はCVD、CVI、アルミナイジング装置のメーカーで、グローバルなコーティング受託サービスも行っています。その高い技術は航空機のエンジンや機械部品、ベアリング、油圧装置に応用されています。
[DKSHジャパン株式会社, ベルネックス, Bernex, CVAコーティング, CVA法, CVA]