問い合わせる

こちらへお問い合わせ内容をご入力ください。

×

Invalid Captcha
フォームが送信されました。ありがとうございました。

印刷済みインモールドラベルをロータリーダイカットで抜き加工し、指定枚数ごとに排出する装置です。

最大の特長は、左右に動くスタッカーです。スタッカーの幅は搬送コンベアの2倍の長さがあり、スタッカーが2つ横に繋がっているデザインになっています。1つ目のスタッカーに指定枚数のラベルが積まれると装置は一時停止し、スタッカーは自動で左右に移動し、空のスタッカーが搬送コンベアの後ろにセットされます。その後装置は再スタートし、抜き加工が再開されます。作業員は次のスタッカー移動までにラベルを回収します。

動画は本ページ下でご覧いただけます。

 

>>  機械動画はこちら

 

 

 

 

 

 

 

製品概要

  • 最大ロール幅: 530 mm 

  • 装置スペック上最大生産速度: 100m/分(※ただし、ラベルデザインによる) 

  • 最小ダイカットサイズ: 406 mm(16インチ) 

  • 最大ダイカットサイズ: 711 mm(28インチ)  

プラティ ALHENA IML530 動画

  • マシナリー・製造
プラティ社 (PRATI S.r.l.)サプライヤー紹介: プラティ社 (PRATI S.r.l.)
1973年イタリア・ファエンツァに設立されたラベル加工機製造会社です。これまでに全世界59ヶ国におよそ2,500台の機械納入実績があります。
[]