問い合わせる

こちらへお問い合わせ内容をご入力ください。

×

Invalid Captcha
フォームが送信されました。ありがとうございました。

『Setline(セットライン) DSC/DSC+』は、セタラムインスツルメンテーション社製のコンパクト設計のDSC(示差走査熱量計)です。

CALISTOソフトウェアにより直観的な操作で、簡単に測定・解析を実施可能です。簡単かつ安価に交換できるセンサーにより、メンテナンスに掛かるコストや時間が大幅に削減されます。

製品ラインナップ

温度範囲
-170 ~ 700 (℃)
昇温速度
0.01~100℃/min
冷却時間
12分間:500 → 100 ℃ (air)
12分間:25 → -100 ℃ (LN2)
12分間:25 → -100 ℃ (LN2)
5分間:100 → 0 ℃ (電子冷却)
5分間:100 → 0 ℃ (電子冷却)
測定レンジ
± 600 または ± 6,000 (mW)
(感度切り替え可能)
(感度切り替え可能)
測定雰囲気
不活性雰囲気、酸化雰囲気
電源
200~230V - 50/60Hz
オートサンプラー
なし
温度範囲
-170 ~ 700 (℃)
昇温速度
0.01~100℃/min
冷却時間
12分間:500 → 100 ℃ (air)
12分間:25 → -100 ℃ (LN2)
12分間:25 → -100 ℃ (LN2)
5分間:100 → 0 ℃ (電子冷却)
5分間:100 → 0 ℃ (電子冷却)
重量測定レンジ
± 600 または ± 6,000 (mW)
(感度切り替え可能)
(感度切り替え可能)
測定雰囲気
不活性雰囲気、酸化雰囲気
電源
200~230V - 50/60Hz
オートサンプラー
66 ポジション

特長

  • シンプルな設計のプレート型DSCセンサーを採用
  • センサー故障時の修理時間とコストを大幅に削減
  • ハイスペックな耐圧試料容器(最大500bar@600℃)を使用可能

【3タイプの冷却オプションを選択できます】

  • 液体窒素(LN2)マニュアル冷却オプション:温度範囲-170℃~400℃
  • 液体窒素(LN2)オート冷却オプション(DSC+用):温度範囲-170℃~400℃
  • 電子冷却デバイスオプション(DSC/DSC+用):

温度範囲-60 ℃ ~ 200 ℃(He使用時)

温度範囲-50 ℃ to 400 ℃ -(Ar、N2、dry air使用時)

セタラム・インスツルメンテーション (SETARAM Instrumentation)サプライヤー紹介: セタラム・インスツルメンテーション(SETARAM Instrumentation)
セタラム・インスツルメンテーション(フランス・リヨン)は、高性能熱分析装置と熱量計、ガス吸着装置、高圧質量分析装置のリーディングメーカーです。その応用分野は、製薬、生命科学、先端材料、エネルギー、プロセス安全など多岐にわたり、完全かつ専用のソリューションを提供いたします。
[DSC, 示差走査熱量計, 示差走査熱量測定, Differential Scanning Calorimetry, 熱流束型]