問い合わせる

こちらへお問い合わせ内容をご入力ください。

×

Invalid Captcha
フォームが送信されました。ありがとうございました。
イリノイ社製「水蒸気透過率測定装置7100」

システック・イリノイ社の水蒸気透過率測定装置は、独自のセンサーを搭載しており低コストで高感度に測定を行います。

水蒸気透過率測定装置 7100シリーズ 仕様

測定範囲 0.002~70 g/m2/day(マスク無)
0.02~1000 g/m2/day(マスク有)
測定チャンバー数 2(子機との接続で最大36チャンバーに増設可能)
試験温度範囲 10~40℃
試験湿度範囲 20~90%RH
測定フィルムサイズ 直径10 cmの円形(小型サンプル用マスク有)

特長

【五酸化リンセンサー搭載の水蒸気透過率測定装置】

25年以上実績のあるセンサーを搭載しています。このセンサーは赤外線センサーよりも水分に対する感度が5倍~10倍高いという特徴を持っており、センサーの再生が可能なため低コストでの運用が可能です。

  • 温度・相対湿度を完全自動制御
  • 水分に対する感度が赤外線センサーよりも高いセンサーを搭載
  • センサー再生が可能
  • TCMシステムの採用(1サンプルにつき最大10条件の透過率評価が可能)
  • キャリブレーションを標準フィルムまたは標準ガスより選択可能
  • 装置の運用はタブレット端末またはPCのどちらかを選択可能
  • SO151106-3などの工業規格に準拠

※本装置は等圧法を利用した測定装置です。

【測定方法】

サンプルは図1のようにセットし、チャンバーの開閉はレバー式のため、簡単にサンプルをセットすることが可能です。

原理はフィルム上部にWet窒素ガスを流し、下部に向かって水蒸気ガスがフィルムを透過してフィルム下部に流れているキャリアガスと共にセンサーに移動し測定されます(図2)。

センサーの構造は石英管に白金線を二重に巻き、五酸化リンを塗布したものです。測定はファラデーの法則により、直接水分量を測定できます。また、このセンサーは水分に対する感度が赤外線センサーよりも5倍~10倍高いという特徴を持っています。

  • 化学
  • 化粧品・パーソナルケア
  • 食品・飲料
  • 医薬品
  • ポリマー、プラスチック、ゴム
  • 半導体、太陽光・エレクトロニクス
イリノイ社 (Systech Illinois)サプライヤー情報: イリノイ社 (Systech Illinois) システック・イリノイ社は25年以上に渡り、広範囲な産業に分析装置を供給してきました。イギリスやアメリカにあるシステック・イリノイ社のプラントでは、食品包装分野における、ヘッドスペース測定機や製造プラントにおける水蒸気透過率測定装置を製造しています。
[水蒸気透過率測定装置, イリノイ, ガスバリア測定, フィルム測定, 等圧法]