問い合わせる

こちらへお問い合わせ内容をご入力ください。

×

Invalid Captcha
フォームが送信されました。ありがとうございました。
セタラム社 断熱型暴走反応熱量計(ARC) TAC-500AS

TAC-500ASは、幅広い温度範囲で様々な化合物の安全性を試験することができ、また大きな温度・圧力上昇につながる熱暴走の可能性を評価することができます。

また、ファイファクターを低くする為に試料容量を増やす場合においても、最大200 barの圧力センサーによって多量の分解生成ガスによる圧力上昇を測定可能です。

【特長】

  • 幅広い追跡速度および検出感度で、温度・圧力上昇を測定します。
  • デスクトップサイズの熱量計で、限られた実験室スペースでも設置できます。
  • メンテナンスが簡易で時間が短く抑えられ、稼働率を向上します。

製品ラインナップ

セタラム社 断熱型暴走反応熱量計(ARC) TAC-500AS
温度範囲
室温~500℃
圧力範囲
0~200bar
測定モード
Heat-Wait-Search、等温、昇温
追跡速度
0.005~40℃/min
発熱検出感度
0.005~0.02℃/min
圧力表示分解能
0.001bar
試料容器容量
最大8mL
本体のサイズ
横 620 x 縦 460 x 高さ800mm(試料交換時)
重さ
75 kg
電源
230V(±10%)、50/60Hz、16A

サンプルホルダー内・センサー部

試料容器は一般的な工具で簡単に取り付け・取外しが可能です。

サンプルホルダー内・センサー部

TAC-500AS内部構造

TAC-500AS内部構造

トップ・サイド・ボトム全ての方向から、安定した断熱制御を行います。

【TAC-500ASの測定モード】

ヒートウェイトサーチ(HWS)モードによって、分解の開始温度を測定する事が可能です。

また、等温モードや昇温モード(温度スキャニング)など様々な温度プログラムを組み込む事も可能です。

【実用例】

化学プロセスにおいて冷却不良などによる断熱温度上昇は、非常に危険なケースの一つですが、放熱の遅い大きな反応容器などでは現実的に起こりうる問題です。このような潜在的な安全上の問題を評価するために、断熱型暴走反応熱量計(ARC):TAC-500ASは開発されました。

TAC-500ASはサンプルから熱量のロスが無いような断熱状態で測定を行うため、化合物の分解によって生じる急激な温度・圧力上昇の挙動を再現します。

熱慣性(ファイファクター)の低い断熱条件で測定を行う事ができ、より大きなプラント環境の再現や必要とされる排気の評価を行います。

【対象分野】

  • 安全工学
  • 化学プロセス工学
  • 危険性予測 など
  • 化学
  • エレクトロニクス
  • 環境
  • 食品・飲料
  • 医薬品
セタラム・インスツルメンテーション (SETARAM Instrumentation)サプライヤー紹介: セタラム・インスツルメンテーション(SETARAM Instrumentation)
セタラム・インスツルメンテーション(フランス・リヨン)は、高性能熱分析装置と熱量計、ガス吸着装置、高圧質量分析装置のリーディングメーカーです。その応用分野は、製薬、生命科学、先端材料、エネルギー、プロセス安全など多岐にわたり、完全かつ専用のソリューションを提供いたします。
[安全工学, プロセス安全性, 化学プロセス安全性, 熱暴走, 断熱型暴走反応熱量計, ARC, TMR, TD24, 加速速度熱量計, 自己加速分解温度]