お問合せフォーム

こちらへお問い合わせ内容をご入力ください。

×

Invalid Captcha
フォームが送信されました。ありがとうございました。

自動サンプル準備装置は、サンプルの計量、抽出、ろ過、希釈、分析装置への移動などの繰り返し作業のためのリソース割り当てを最小限に抑えることで、ラボの生産性を向上させます。

これにより、データ分析、レポート作成、ノートブックのドキュメントなどのミッションクリティカルなタスクにラボスタッフを再利用できるようになります。

また、自動化された手順により、溶媒使用量と有害廃棄物の生成を削減するとともに、危険な試薬やサンプルへの曝露を最小限に抑えることでアナリストの安全性を向上できます。​

製品ラインナップ

  • 一回の準備で最大実行可能サンプル数: 300 サンプル
  • 抽出量:1mL~10mL

  • 一回の準備で最大実行可能サンプル数: 100サンプル
  • 抽出量:50mL~520mL

特長

1. ASPシリーズの特長

  • API、固形剤、液体傾向剤形、クリーム、ペースト様々な剤形の実行
  • 全自動
  • ON / OFF ライン対応

2. ソフトウェアについて

  • SOTAXが独自に開発したq-docは「ペーパーレス」のニーズを満たすために、データ管理として提供しています。
  • DATA INTEGRITYトレンドを完全に満たし、ソースが不明なデータを排除、より信頼できるデータを収集します。

3. 受託機関のご紹介

  • SPS(SPS Pharma Service、フランス)は、FDA認証の受託機関およびGMP準拠の品質システムを保有しており、下記に対応いたします。
  • 研究開発から品質管理までの商品の受託試験
  • APIから中間体、さらに最終剤形の試験方法の検証
  • 条件設定の解決策の提案

SOTAX TPW/APW Video

  • 医薬品
ソタックス社 (Sotax)1973年創業のSOTAX(ソタックス)グループは、40年以上にわたり医薬品業界における高品質のソリューションを提供してきました。 最初のフロースルーセルシステムは、35年以上前にDr. LangenbucherとSOTAXにより開発され、フロースルーセルは1991年にUSPに統合されました。 世界中で数千の製品を導入しており、特に製薬・化学産業のトップ15社すべてに導入されています。
[フロースルーセル法, 溶出試験, 溶出試験装置, JP3 溶出試験, USP4 溶出試験, 溶出試験 自動, API 溶出試験, 錠剤 溶出試験, 軟膏 溶出試験, ソタックス, Sotax, CE7 smart, フロースルーセル法 溶出試験, 自動サンプル準備]